守護鳥 ~守りし者~
- 2013/10/22(Tue) -
タイトル大げさですね~RPGみたいな(^^;
ツルさんたちの在庫を見ていたら、状況の様子がちょっと繋がりそうだったので、今回は枚数が多くなってしまいましたが
並べてみました。



ツル1
カナ(カナダヅル) 「こっちは大丈夫?」
タン(タンチョウ) 「大丈夫みたいだね。もう少し行ってみよう」



ツル2
そんなかんじで?左のほうへ進み、捕食を始めましたが・・・


ツル3
タン 「何か怪しい車がいるわ、、、戻りましょう」


ツル4
反対側へわっせわっせと歩きます。


ツル5
歩幅が違うので遅れ気味のカナダヅルさんですが、



ツル6
ちゃんとタンチョウは待っていて一緒に農道を渡ります。


しかし車はまたゆっくりとタンチョウたちのほうへ動き出します。
ツル7
タン 「待って。しつこくこっちへ来るわ。こっちの方向に飛んで離れなさい」


ツル8
↑という合図だったのかどうかですが(^^;、カナダヅルは飛び立ちました。
でもこうしてタンチョウが羽を広げる・・・きっと何度も同じような目にあっていて、やっぱりカナちゃんへの逃避の合図なのではと思ったりするのです。


ツル9
ぐんぐん飛んでいきます。


ツル10
もう少しで降りるよ?とのことだったのでしょうか、ここでカナダヅルはクルル~と鳴きました。やはりツルの声でした。(ちょっと外国なまりがあったような?・・・ウソですw)


ツル11
タンチョウもすぐに後を追います。


そして、降り立った場所でのシーンが前回のシンクロなのですが、その後追いかけてきた車に対してタンチョウがとても警戒しました。


ツル12
大きく羽を広げて


ツル13
カナダヅルを隠します。


ツル14
心うたれるシーンでした。
自分の子のように思っているのなら、追跡してくる車は恐怖でしょう。
毎度そんな目にあっていたら、ここは落着かない場所と移動してしまうかもしれません。


ツル15
カナダヅルを後ろに隠すようにして見張りを続けるタンチョウ。


ツル16
カナダヅルは大丈夫じゃないの?というかんじで動き始めましたが、タンチョウはまだ警戒を解きません。


長くお付き合いくださり、ありがとうございましたm(__)m



この記事のURL | カナダヅル | CM(16) | TB(0) | ▲ top
キノコ汁で祝杯
- 2013/10/20(Sun) -
お仲間さんが“まだカナダヅルがいますよ”という情報を下さって便乗させていただきました。
親子のように寄り添うタンチョウとカナダヅル、そんな新聞の記事を見ていましたが、その様子をみることができました^^

カナダヅル1
最初に姿を見たのはとても遠くでした。
少しの間この2羽はこうして下を見ていました。
この下には溝があり(多分水辺)、魚でも見ているのかな?と思っていたら、2羽とも降りてしまいました。
しばらく待ってものぼってくる気配がない・・・・がっっ




カナダヅル7
来ました!カナダヅルが土手に戻ってきました。




カナダヅル8
そして少ししたらタンチョウも。
この2羽は別行動をとることがないようです。
というか、タンチョウさんはカナダヅルをまるで自分の子どもであるように接していました。



その後、2羽が場所を移動し少し近くから見ることができました。
カナダヅル2
同じポーズ(^^


カナダヅル3
こちらもシンクロ。


カナダヅル4
後姿が多いです(汗

実はこの2羽、そろりそろりと後を追ってくる車を警戒していたのです。
鳥って、そのまま通り過ぎていく車にはさほど警戒しませんが、ゆっくり近づいてくる車には警戒しますよね(シギチは別ですが~)




カナダヅル5
正面から見た、顔のハートを撮りたかったのですが、なかなか正面顔は見せてくれませんでした。
一番正面に近かったのがこれです(でもブレブレ~)


カナダヅル6
でも羽をブルンと膨らませた姿を見せてくれました。ちょっと豪華に見える?

このカナダヅル、ヒメカナダヅルという亜種のようです。普通のカナダヅルより少し小さいのかな。
あ、タイトルの“キノコ汁で祝杯”は、帰りの通り道にあるお店でお仲間さんがご馳走してくれたキノコ汁です。
今が旬のキノコ汁でみんなで乾杯しました(^^
とても暖かく美味しかったですm(__)m




いつも応援、ありがとうございます<(__)><(__)>
この記事のURL | カナダヅル | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |