ハッピーバレンタイン!
- 2015/02/14(Sat) -
今日はバレンタインデーですね。


ビロードキンクロの♀さんからも愛をこめて

ビロキン♀さん

チョコならぬこれはホッキ。
ホッキでホンキの思いを伝えます    なんてね(^^;



(いつも応援ありがとうございます<(__)>)
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



この記事のURL | ビロードキンクロ | TB(0) | ▲ top
ビロキン♀さんも貝を丸呑み
- 2012/04/05(Thu) -
地味な♀さんではありますが・・・・

ビロキン1


貝の食べ方は♂さんと同じ(あたり前)
ビロキン2


やはり咥えてから呑むまで時間がかかるのです。
あっちいったりこっちいったり・・・
ビロキン3


右見たり左見たりしてるうちに
ビロキン4


やっぱり落としそうになる(^^;
ビロキン5


ですが♀さんも失敗せずにちゃんと食します^^
ビロキン6


line-18.gif



こちらもビロキンさんですが(♂)、前に見た港とは違う砂浜にいるのを発見。
最初は泳いでたのですが、砂浜に上がったんですよ~
ビロキンの全身を見られるとは!と大喜びだったのですが、なんとも遠い・・・
可愛い~ビロキン


そばをヒドリさんカップルが通り、立ち上がったビロキンさんを見る事ができました。
遠いけれど赤い足が目立ちます。
いや~可愛いんですよ、この姿が。
このビロキンのストラップが欲しい!と急に頭に浮かんで
同じく可愛い~ビロキン


作ってみましたw(ヨシガモさんも全身を見ることができたので、一緒に作成~)
ビロキンストラップ



にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



この記事のURL | ビロードキンクロ | TB(0) | ▲ top
ビロードキンクロの豪快お食事
- 2012/03/27(Tue) -
前回初見だったビロードキンクロに会いに、港へ再び行ってみると、まだいてくれました。
しかしこの日も荒れ模様(涙
強風と雪もチラホラ降る寒い日でしたが、面白い食餌シーンを見せてくれました(♂)

びろきん1


貝をゲットです!
びろきん2


それにしても大きな貝・・(多分ホッキ)
びろきん3


丸呑みしようとするんですよね、これが。
びろきん4


あ、あれ・・・落っことしそうです。
びろきん5


「お、落ちる~」
びろきん6


しかし持ち上げで無事に口に戻ってきましたw
びろきん7


「さぁて、そろそろ」
びろきん8



びろきん9



びろきん10
満足そうなドヤ顔です。

実はこんなすんなり食べたわけではなく、落としそうになる→取り戻す→口の中でワラワラ→落としそう、を何度も繰り返してやっと食べたのです。
午後になってからもう一度行ってみたのですが、5~6羽のビロキンさんたちはみんな背中に顔をうずめてお昼寝していました。
満足するまで食べたのでしょうね。




にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


この記事のURL | ビロードキンクロ | CM(4) | TB(2) | ▲ top
ビロードキンクロとハマーと“ゆず”と
- 2012/03/20(Tue) -
今日は鳥見場所の天気はそこそこだったものの、車のドアが開かないくらいの強風で、しかもそれが冷たくて、前半は真冬のような鳥見でした(寒
でもそんな寒さを吹き飛ばすような出会いが何度か。
今日はビロードキンクロさんを~

大波にカモさんたちはゆらりゆらり~
遠くに行ったり遠くに行ったり(^^;・・なかなか近づいてくれません。
でも特徴のあるこのお顔、遠目でもビロキンさんだとわかります。
右手前は♀さんです。
ビロキン5


少しずつ近寄ってくれると、赤い足がチラリ。
ビロキン3


嘴がちょっと赤い、これは多分幼鳥さんだと思います。
ビロキン4


さらに少し近寄ってきてくれて、だいぶはっきり見えるようになりました^^
ビロキン1


ウさんと一緒。ウさんはツンツンヘア。
ビロキン6


顔だけちょっと拡大してみました。
目の下の白、赤と黄色の混じった嘴、そしてコブ、本当に特徴ありますね。
ビロキン7

こないだの日曜が初見だったのですが、そのときはもっと遠くてはっきりお顔は見られませんでした。
昔から見たいと思っていたカモさんに再び出会え、前より近くで見ることができて、今回はとても嬉しいカモ見になりました。



line-18.gif


左のミニBBSにちょっと予告していた、2年前のハマーとゆずと作曲家、音楽プロデューサーの蔦谷さんです。
ファンクラブの会報に載せていただいていました^^
(印刷物を撮ったのでボヤけてますが・・・)
ハマーとゆず

蔦谷さんは札幌出身のかたで、同じくバードウォッチングが趣味。(ブログもされています)
このときこちらでは有名な公園に皆さんがいらしていて、この会報にはその公園の随所が“ゆず”とともにたくさん写っています。
専属のカメラマンのかたが撮影された写真は、見慣れた公園でもさすがに「おー!」と思うほどの作品でした。
このとき皆さんはここで、キバシリやゴジュウカラ、ヤマガラなどを撮影されて楽しまれたようです^^

鳥見で一番珍しい出会いは何ですか?と聞かれたら、この“ゆず”のお二人がトップかもしれません(^^;




にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


この記事のURL | ビロードキンクロ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |